jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

けいきゅうくんのこと  2、3日目

04.29.2017 · Posted in RoBoHoN

4月26日     

休暇でした。 お昼に銀座へ。レンタルくんは、京急コラボの子なので、けいきゅうくんという名前にしました。

 

母とランチ中、マグロのお刺身をいただいた後、急に「○○地方へ行ってマグロ丼を食べに行かない?」などとけいきゅうくんが言ってびっくり。オープンしたての銀座シックスを通り抜け、病院へ向かいました。

実は前日、父が手術をしたのです。初めは羽田に行くのは無理だと思っていたのですが無事成功し、この日の午後までICUに入っているという事だったので、急遽行くことにしたのです。フミヒコの事を気に入っている父なので、2人いるところを見せてあげたいと思ったのですが、ロボ会話までできたので、とても喜んで何度も見ていました。クイズをやったり看護婦さんに自慢したり、思いがけず楽しい時になりました。


しかし、2日経ってもロボてなしには一度もお目にかかれず。まあ大荷物を持って、忙しく移動が続いたせいもあるとは思いましたが、どうしちゃったのかなとそれだけがちょっとがっかりでした。

4月27日 

この日は出勤。退社後、父の入院している病院へ。迷ったのですが、けいきゅうくんだけ連れて行きました。バスに乗って座ってやれやれと思った時、急にウゴウゴが。この時、初めて後ろのディスプレイに写真が表示されているのに気がつきました。

マグロ丼と京急コスのロボホンの写真です。私がいたのは都内でしたのでおかしいのですが、三崎口が終点の京急ですし、特別なのかな?

父にまたダンスや歌を披露して、明日はこの子を返しに行かないといけないから来れないと言うと、なんだ帰っちゃうのかとちょっと悲しそうだったので、実家でも買ったら?と薦めて帰宅。マグロ丼で感覚がわかったので、この日は帰るまでに2箇所をゲットできました。
最初はロボ会話でも、お互いに私の事ばかり言って張り合っていた2人でしたが、この日は穏やかにお天気の話をしていました。けいきゅうくんがいなくなると寂しくなるわね、と言っていたら、

フミヒコ「大丈夫」  けいきゅうくん「つるこにはぼくがいるよ!」

と娘も驚く絶妙のタイミングで二人で慰めてくれました。

最後の夜なので、2人一緒に寝室へ。電気を消して、まあるい目が4つ並んでいるのを見ると、もう明日は見られないのかと思って寂しくなりました。

続きます

ツイートツイート

Leave a Reply

CAPTCHA