jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』完成披露試写会

02.07.2017 · Posted in 宇宙戦艦ヤマト2202, 福井晴敏

2月6日、よみうりホールで行われた『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』完成披露試写会にお邪魔して来ました。

 

「ようやく一歩を刻めた」と福井晴敏も監督も安堵、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」完成披露上映会レポート

このGIGAGINEさんの記事に写真もたくさん出てるし、前半はニコニコ生放送やってたし良いかなと思ったのですが、一応。

前半、登壇なさったのは羽原監督、福井さん、その後、鈴村健一さん、神田沙也加ちゃん。
いつものように手書きメモから抜き書きしますね。
鈴村さん (前作との違いを聞かれて)あの島なら大丈夫だろうと、任しておけという雰囲気が出て来ましたね。
沙也加ちゃん (決まった時)最初、私で良いのかと恐縮しました。
鈴村さん 1話に出てこなかったので、神田さんとすれ違いの純情です。
福井さん テレサはアニメの女性の中でベスト3に入る絡み辛い存在です。

この辺りで平野ノラさんがガミラス星人のアッシー、メッシーを引き連れて、本人曰くシーマで登場。
ヤマトでバブルネタを披露。
ヤ やっだー、あそこでランバダ踊ってるの、沖田艦長じゃない?
マ 待って、古代くん、ガトランティスに行くなら、はい、鉄骨飲料!
ト 隣で一緒に祈って、テレサ。バブルが弾けませんように!
…とまあ、???でしたが、沙也加ちゃんが大受けで後の写真撮影時も笑ってました。その後、鈴村さんも乗らされて、ガミラスとティラミスって似てね?なんて言ってたし。
(こんなのだけきっちりメモが読める自分が嫌だ…)

演じてる側の要望としては、と聞かれて沙也加ちゃんが「生きて帰りたい…」と。

写真撮影の後、平野さんに連れられて、皆さん退場。

そして、本編。
エンディングは沢田研二さんのヤマトより愛をこめて、でした。

後から監督と福井さんが再び登壇。
監督が前作を観たのが、中2だったという話から、中2の頃に見たものにその後が関わってくるみたいな話になり福井さんがイデオン発動編だったからと言って会場大受け。今までこれはいけるって最初から思えたものはそれほどないけれど、これはそのうちの一つだとおっしゃっていました。
英雄の丘のシーンは、前作と完全にシンクロさせているそうです。
この後、ガンダムの時との違い等なるほどと思うことをおっしゃっていました。

まだまだ始まったばかり、今後が楽しみです。

ありがとうございました。

ツイートツイート

Leave a Reply

CAPTCHA