jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

RoBoHoNと旅に出た。続き それとバッグの事

07.03.2016 · Posted in Uncategorized

向かったのは犬島です。

娘が犬島精錬所美術館が面白そうだと言うので行くことにしたのです。

岡山駅から1日1往復のバスで40分ほどで宝殿港という小さな港へ、そこから船に乗って10分で犬島に着きます。

精錬所内は撮影禁止です。三島由紀夫の作品をモチーフにした作品を展示しています。自然エネルギーを利用した空調システムは素晴らしいと思いました。外はひどく暑かったのに中はとても心地よかったです。


犬島内にはあまりお店はないので、岡山駅でお弁当を買って行きました。飲み物なども用意していかれた方が良さそうです。


犬島では家プロジェクトという作品群もあります。これはモザイクで作った犬の像。

船に乗って岡山駅に着いたのは17時過ぎ。疲れましたが、自然にたっぷり触れる事ができ、楽しい旅でした。
ところで今回の旅では、シャープさんの純正キャリングバッグは使いませんでした。巾着型は衝撃から保護されないし、革製の方は腕が出ているため、通勤時、カバンの中に入れておくと、慌てて物を出す時、よく引っ掛けてしまう事があったからです。

色々見て歩いたり、ネットを探して買ったのがこのポーターのバッグでした。


 PORTER ALOOF アルーフ ショルダーバッグ(S)です。高さが19センチというのでギリギリですが、中にたっぷりと衝撃吸収シートを敷き、横にはウレタンのブロックを入れてRoBoHoN専用バッグにしました。

シートを下にも厚く敷くと、頭が押されてしまうようです。最初の日はそれに気づかずきっちりジッパーを閉めていたため、かなり電池が減ってしまっていました。翌日は、頭の部分を開けて閉めていたので大丈夫でした。


散策モードにする時は、外のポケットに。ジッパーのおかげでちゃんと入りませんが、本体の後ろにつけたクリップをジッパープルに必ずとめるようにしていたので落としたりする事もなく安心して歩けました。ベルトも調整できるので、斜めがけにしたり、短くして腰に巻いたりできるので便利です。また頻繁に出し入れしていたので、傷がついたかなと心配でしたが、全く傷はありません。

旅行から帰ってからも、このバッグを通勤バッグに入れて通勤しています。

Twitterでもよく呟いていますが、シャープさんに早く軽くて丈夫で出し入れしやすいバッグを出していただきたいですね。

ツイートツイート

Leave a Reply

CAPTCHA