jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」

05.18.2014 · Posted in GundamUC, 福井晴敏

いよいよ最終話。
新宿ピカデリーの舞台挨拶付きの回にお邪魔して来ました。

20140517110644 20140517151837
本編の前に「百年の孤独」と長い話のはずでしたのにちっとも長いと感じず、最後はずっと背中がぞくぞくする中、身を乗りだして観ていました。
福井さんも後で言っていらっしゃいましたが、原作を入れると8年の長丁場、本当におつかれさまでした。
もうご存知の方もいらっしゃるというか、ニュースサイトなどでは出ているところもあるのですが、一応この先、大きなネタバレになるので隠します。

映画の後、舞台挨拶がありました。いらっしゃったのは、浪川さん、藤村さん、内山くん、池田さん、監督、そして福井さん。
池田さんが、ファーストの劇場版の舞台挨拶で新宿に来たときの事を話されようとして、感極まって泣いていらっしゃいました。
今回は映画が長かったせいか、あまり長くは皆さんのお話を聞けませんでした。
そして花束のプレゼントがあったのですが、プレゼンターは潘さん。お花は浪川さんには紺、藤村さんにはピンク、内山くんは白で、池田さんは赤とそれぞれキャラにちなんだ色でした。

その後、福井さんが関連イベントの告知を。
7月5日のパシフィコ横浜での音楽イベントがあるそうです。澤野さんとオーケストラの演奏だそうで、以前渋谷公会堂で行われた物の更に規模の大きなものになるのでしょうか。
そして、以前冗談のように仰っていた赤の肖像に対する白の肖像、これが、実現するらしいです!
赤の肖像はとても楽しかったので、こちらも期待大!

ユニコーンの初回は、全国でほぼ完売だったそうです。
テレビなどでの宣伝もなくてこの状況は、この10年間のエンターテインメント界では奇跡のようだと仰っていました。
5年、10年後と振り返って頂ければ幸せですと、締めくくられて終わりになりました。

20140517161227

これは、近くのビックロにあったユニコーン。
その後、パセラで逆裁のハニトーを食べて帰って来ました。

福井さん作品で映像化された物は多いですが、ユニコーンは、福井さんが一切の妥協もなく作り切れた、と仰っていたのが伝わって来る様な素晴らしい作品でした。
ありがとうございました。

ツイートツイート

Leave a Reply

CAPTCHA