jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

文庫『人類資金』、予約開始してます

07.13.2013 · Posted in GundamUC, 人類資金, 福井晴敏

いよいよ『人類資金』の予約開始です。

  

終戦の日、日銀の地下倉庫から莫大な金塊が姿を消した。戦後の混乱と日本の復興を糧に膨れ上がったその資産の名は『M資金』。七〇年の歳月が流れ、M資金詐欺を生業とする真舟雄一の前に“M”と名乗る男が現れ、とてつもない計画を持ちかける。「あなたの技術を使って『M資金』を盗み出してほしい。時価総額10兆円。報酬は現金50億、そしてあなたの恩人の死の真相」——。

人類資金1 福井晴敏 講談社

謎の男“M”に盗み出してほしいと依頼された『M資金』。かつて育ての親を死に至らしめたその存在に四半世紀ものあいだ呪縛され続けてきた真舟は、“M”との接触を機に日本の地下に蠢く力学の奔流に呑み込まれていく。“M”の腹心・石優樹の尋常ならざる能力、“市ヶ谷”と呼ばれる組織の執拗な追跡。この世界を支配する“ルール”の正体を垣間見た真舟は、これまでの人生を覆し、依頼を受ける覚悟を決める。

人類資金2 福井晴敏 講談社

上下巻とも208ページ、上巻が263円、下巻が525円です。上巻は来年の3月末までの限定価格でそれ以降は525円になるそうです。
ローレライの時のように1巻目を安くしてとりあえず読んでもらう方式かと思いましたが、ページ数は同じと言う事で太っ腹ですね。

なお、Amazonのページには、福井さんと阪本監督のビデオもあります。
音声が聞こえないのですが、私だけでしょうか?
聞こえるようになっていました。月刊で出るようになるようです。
公式サイトの画像によれば、7巻まででるようです。が、福井さんですしね。(笑)『人類資金』10月ロードショー!
なお、詳細はまだですが、電子書籍としても出るようです。

 

昨日は仕事の後、椿星のよしきさんに誘われて『貴婦人と一角獣展』を観に行って来ました。
あの美術館が好きではなかったので、今回はパスしようと思っていたのですが、行ってよかったです。
音声ガイドで、朗読パートが池田秀一さんと言うのを知って、初めて借りてみたのですが、判りやすくて良い物だと思いました。
…ただ早回しが出来ないので、あまり興味が無いものもちゃんと観ざるを得ないというマイナスポイントはあるのですが。
東京はいよいよ連休最終日の15日までです。
貴婦人と一角獣展 | 国立新美術館(東京・六本木):2013年4月24日(水)~7月15日(月・祝) | 国立国際美術館(大阪・中之島):2013年7月27日(土)~10月20日(日)

ツイートツイート

Leave a Reply

CAPTCHA