jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

ガンダムユニコーン フィルム&ライブ

10.02.2011 · Posted in Uncategorized

 渋谷公会堂でのイベントにお邪魔してきました。
20111002022858 20111002022917

20111002022934

 
池田さんの朗読に続き、コンサートが始まりました。

 U.C.0096
MOBILE SUIT
MINEVA
FULL-FRONTAL
A LETTER
LAPLACE
THE UNIVERS LICHT MEER
MAD-NUG

ここまでで、一旦トークショーに。
 古橋監督、福井さんが登場し、ピアノを弾いていらした澤野監督と。

 福井さん
 場の空気を考えて面白い事を言わないようにします。
 ターンAの時に、ノベライズ担当としてこのようなコンサートに関わって、いつかやってみたいと思っていたので嬉しい。やる側になってみると全部みれないんだなと。
 (サントラについて聞かれて)
 ヘビロテで聞いてます。音楽はいいけれど、言葉のある物は駄目。ユニコーンは場面が思い浮かんでしまうので駄目です。
 (澤野さんが、ほめられてるのかな?と)
 
 (澤野さんに決めた理由について。)
 古橋監督
 決まった人に人に頼む事が多いけれど、頂いたサンプルの中に澤野さんの曲が入っていて、可能性を感じてお願いした。

澤野さん
 最初、RX-0をメインテーマと思っていたけれど、監督に抑揚のある曲が良いと言われて、新たに作ったのがUNICORN
 池田さんが一番好きな曲はUNICORNだそうです。監督が好きなのは、MAD-NUG(逆から読むと…)という曲。(次のサントラに入る曲だそうです)

 最後に一言ずつ
 監督
 ぎりぎりまで頑張りました。
 
 福井さん
 皆さんが一番気になるのは、本当に終わるのかと思われるでしょうが、そこはプロなので終わらせます。
 ファーストで名もなきジオン兵と言うと出てくるのが永井さんで、ジオン国民の40%が永井さんなんじゃないかと思われるけど、今回、1個だけジオン兵として永井さんが出ています。どれか見つけるのは難しいと思いますが、発見しても何もあげません。
 
 ここでまた曲に。

 RX-0
LIFE&DEATH
ON YOUR MARK
EGO
UNICORN

 そしていよいよepisode4「重力の井戸の底で」でした。
 砂漠のシーン、とてもよかったです。ロニがかなり違う感じになっていたので、あそこもどうなるのかなと思いましたが、バナージの成長ぶりがよく描かれてました。ジンネマンとの殴り合いも大好きなシーンです。
 で、モビルスーツの方はもう凄いとしか…。で、リディ………。
 今までのユニコーンで、一番好きなエピソードになりました。早くブルーレイ、欲しいです。
 そうそう、ミネバがマーセナス家を抜け出して、寄ったお店のおじいさんがなんとガルマさまでした。エンドタイトルみるまで気がつきませんでしたよ。
 森さん、好きなのに…。
 監督が「RD 潜脳調査室」をやってらっしゃる時に、森さんの老人役はなかなか良いと思われて決まったそうです。確かに波留さん、素敵でした。

 上映が終わってから、またお二人と最初に朗読をなさっていた池田さんが出ていらっしゃいました。
 そしてブライトさん役の成田剣さんも。
 どっかの3世とは違って物まねとは違うと福井さんが仰って会場大受けでしたが、違和感なくブライトさんでした。
 監督が、サンライズの1スタで「犬夜叉」をやっていて声が聞こえるんだけれど、ブライトがいるじゃないと思っていた。オーディションもやったけれど、他の人は考えられなかったと仰ってました。
 また池田さんが、成田さんがアフレコやってる時、緊張しているのがわかった。飲み会やったけれどベロベロに酔っぱらって、これも鈴置に似てると思ったと。
 
 最後、端折っちゃいましたが、こんな感じでした。
 明日、読み直して直すかもですが、今日はとりあえずこんなところで。

機動戦士ガンダムUC [Mobile Suit Gundam UC] 4 [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2011-12-02)
売り上げランキング: 7

 

ツイートツイート

Leave a Reply

CAPTCHA