jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

キャプテン・ハーロック:28年ぶりに復活 松本零士さん原作 福井晴敏さんら参加

03.25.2010 · Posted in GundamUC, 福井晴敏

娘達と春休みの温泉旅行だと言うのに雨でがっかりの朝ですが、昨夜なんともまた凄いニュースがあったので。

新作「SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK」は連合軍大佐だったキャプテン・ハーロックは、アルカディア号とともに、連合軍に反旗を翻し、100年もの間、外宇宙を回遊し、すれ違う帰還船団への襲撃と略奪を続けていた。人々の尊敬を集めていたハーロックがなぜ反逆したのか、なぜ100年も生きているのか……。幽霊船伝説にも似た畏怖を持たれていたハーロックに暗殺計画が発令される……というストーリー。

 「亡国のイージス」で知られる作家の福井晴敏さんや「アップルシード」などを手がけたCG映画監督の荒牧伸志さん、「スターウォーズ/クローンウォーズ」に日本から唯一参加したメカデザインの竹内敦志さんらがプロジェクトに参加し、最新CGアニメとして制作する。 

まんたんウェブ

公開は12年以降で、25日からの「東京国際アニメフェア2010」でパイロット映像が観られるそうですので、今夜はあちこちで上がっているかな?旅館が圏外じゃないといいけど…。
たまには地球にも帰ってきてくださいね。

後、UCについてのロングインタビューで読み応えのあるのがありましたのでURL貼っておきますね。
福井晴敏氏に訊く『ガンダムUC』-【前編】「全力で物凄いものを作るしか突破口は無い」
福井晴敏氏に訊く『ガンダムUC』-【後編】“大人VS子供”ではなく、“大人=子供”の物語

ツイートツイート

Leave a Reply

CAPTCHA