jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

ねんきん特別便とかamazonプライムとか

10.21.2008 · Posted in diary

先日、せっかく一月ぶりにこちらに書いたのですが、このままだとサイン会まで間が空きそうなので何か書いておこうと…。

そうだ、ねんきん特別便の事も書いておこうかな。

まだまだ自分には関係ないと思っていたのが、職場で緑色の封筒を渡されてびっくりしたのが3週間くらい前かな?
と思ったら、10月3日にTwitterでつぶやいてました。
とにかく「こんなものが来る年になってしまったのか…」とびっくりした上に、開けて今度は仰天したのは、結婚前に働いていた分がそっくり抜けていたこと。
私の勤めている所は、まず知らない人はいないと思われるような大きな会社なので、まさか抜けてるなんて事はないと思っていたのです。
詳しい事は省きますが、しょうがないので会社で昔の記録の証明書を出してもらい、それを添付して書類を送り返しました。
特別便には、抜けていた部分で会社に在籍した期間を記入すれば、特に証明書は必要ないように書いてありましたが、会社の人に聞くと、それだけだとまた会社の人と社保庁の人がデータをつき合わせて入力することになるから時間が掛かるので、証明書をつければそれだけで入力してもらえると言われたのです。
でも私の場合、昔の記録は結婚前の苗字なので、それを訂正するには戸籍抄本が必要という内部規定があり、面倒なのでやめようかなと思ったのですが、電話をしてみると「大丈夫です。データは一つ一つ手作業で確認して入力します」との事。
1年くらいでちゃんと新しい記録を送りますと言っていましたが、やはりどうしても信用できずに、忙しい中、区役所まで言って600円だかを払って戸籍抄本貰ってきましたよ。
会社には、在籍証明書を2通貰って1通は自分で保管しています。
何より国を信用できない自分というのが、一番ショックだったりしてます。

さて、嫌な事はこんな終わりにして、amazonプライム。
今更なんですが、もう便利で便利で。
この前の連休は毎日頼んで毎日受け取ってました。(笑)
元々、どうしても早く必要だったものを受け取るためにお試しで入ったものを、無料期間終了までに断らなかったというパターンだったのですが、使ってみるともうなくてはならないものになっています。

Amazonプライムは、3900円(税込)の年会費をお支払いいただくと、1回350円(税込)のお急ぎ便が追加料金なしで、無制限に使える会員制プログラムです。一つのアカウントで、同居のご家族2人までを、家族会員として登録することができます。

Amazonプライムの主な会員特典は以下のとおりです。

お急ぎ便が使い放題

* 対象商品を追加料金なしで、お急ぎ便でお届け:Amazonプライムのロゴが表示されている、Amazonプライムの対象商品は、沖縄、一部離島を除く日本全国に、お急ぎ便でお届けします(お急ぎ便対象地域についてはこちら)。Amazonプライム会員、または家族会員の皆様は、お急ぎ便の配送料は、一切かかりません。期間中は、何度でも無料でお急ぎ便が利用できます。

* 通常配送料が無料!:一般のお客様は、ご注文金額合計が1500円(税込)でも、「分割発送」を選択すると、「配送料無料」の適用外となり、1500円(税込)に満たない商品に対して配送料がかかりますが、Amazonプライム会員になると、Amazonプライムの対象商品は、ご注文金額にかかわらず、配送料は一切かかりません。

* 特別配送料が無料!:一部の商品には特別配送料がかかりますが、Amazonプライム対象商品は、特別配送料が無料になります。

お急ぎ便というのは「日本全国のお届け先(沖縄および一部離島を除く)を対象に、関東地方(一部を除く)であれば注文確定当日または翌日、関東地方以外の全国(一部を除く)であれば注文確定から1~3日後に商品をお届けする配送方法です。」

私は東京に住んでいますが、夜頼んで次の日のお昼には届いています。
例えば10月3日の午後7時30分に頼んだ「レッドクリフ」。
ヤマトで記録を見てみると、
荷物受付 10/04 09:42 アマゾン営業所
発送      10/04 09:42 アマゾン営業所
作業店通過 10/04 11:47 東京ベース店
配達完了 10/04 15:11
と言った感じです。

これを使うと、夜ネットで見たあの本が欲しい!けど、明日の会社の帰りに書店に寄るのは時間が…という時に非常に便利です。
文庫一冊だって送料は無料ですし、確実に翌日には届くので家に帰る頃にあわせて本も家にやって来る訳です。
最近はちょっと古い本だと、大きめな書店でも手に入らないことが多いので、有楽町の三省堂でなかったから池袋のジュンク堂に行くなんて事を昔はよくやっていたのですが、時間も電車賃も掛かります。
これをしなくてよくなった分だけでも、電車賃だけでも十分元を取っているんじゃないかしら。

先日、食品&飲料カテゴリーも始まりました。
生ものは流石に無理ですが、創味 つゆ1L
は明日届けてくれますよ。

ツイートツイート

2 Responses to “ねんきん特別便とかamazonプライムとか”

  1. 代打オレ says:

    広島は大型書店でも都市圏の発売日から1日遅れたりします。

    雑誌は問題ないけど、ハードカバーの小説なんかは怪しいです。

    アマゾンの使い勝手はいいかも。

    ただ、受け取る人が問題だったりして。

    留守がちだからなぁ

  2. tulco says:

    >代打オレさん
    東京でも当日に行くと、「ああ午後にならないと…」なんて事結構ありますよ。やはりハードカバーは。
    アマゾン、慣れちゃうと便利すぎて困ります。欲しいと思ったらすぐゲット出来ちゃうのはいいのか悪いのかって感じですね。
    お近くにローソンがあればそこで受け取るって手もあるようですよ。
    http://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=57083051
    さーて、コントレックス頼もうっと。(笑)

Leave a Reply

CAPTCHA