jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

軽井沢日記

09.01.2007 · Posted in 散歩

去年書いたのが、お店情報が役にたったと伺ったので、またちょこっと書いておきます。

1日目
仕事を終えて、池袋へ。
西武の地下のルノートルで小さなサンドイッチを3つ買って、キンカ堂前のバス停から高速バスに乗りました。
初めてのバスで、怖い人がいたりしたらどうしよう(グレイハウンドでそういうことがありました。(笑))とちょっとどきどきしたのですが、綺麗だし楽だし、何より安くて、1時間くらいお昼寝までできてよかったです。
軽井沢駅まで、家族が迎えに来てくれていて家へ。

2日目
両親は一日ゴルフ。
こちらは夕べの残りものでお昼を食べて、子供たちは勉強。私は読書。
夕食を作ろうにも、車は1台で母たちが使っているので買い物にもいけません。
家から歩いていける範囲で美味しい夕食が食べられるところを予約しておけという命を受け、父が持って来ていたPCで、久しぶりのビーゴロゴロを聞きつつ、ダイアルアップでネットにつないで検索して見つけたのがCu-cal
銀座通りのチャーチストリート2階、前にKen’s diningという、イケメン(笑)が多いと母のお友だちの間では評判だったお店があった場所に、期間限定で有名シェフのお料理を出すレストランがあるというのです。
このところ銀座通りにはあまり期待できなくなっているので、これもどうなんだろうと思いながらも、予約を入れてみました。

少し早めに家を出て、銀座通りへ。
5時半頃についたのですが、あまり人がいません。いつも列ができているミカドの前も誰もいなくてびっくりでした。
やはり魅力的なお店がいつかないせいかしら。同じような安物の服屋となぜか靴屋ばかりが目立つ面白みのない通りになってしまったと思います。
結局、上から下まで歩いたものの、覗いたのは大城レース店だけでした。

その後、チャーチストリートの2階へ。
メニューでは錚々たるレストランが並んでいましたが、お店の中は物寂しい感じで、ゴルフをご一緒した母のお友だちもいらしていたのにあまり美味しくなかったらどうしようとちょっと不安に。
でも、スペイン料理店の前菜にフランス料理店のサラダ、スープはかなり美味しく、次は東京にできた日に入れずに涙を呑んだイル・ギオットーネのパスタにしようと思ったところが、母のお友だちのお嬢様が、エルミタージュ貯金をしているほど美味しいと伺ったので、エルミタージュ・ドゥ ・タムラの地鶏をいただきました。
  

かりっと焼けた美味しい地鶏に、フレッシュトマトのソースと沢山のお野菜のたっぷりした一皿でおなか一杯のはずでしたが、しっかりした食事の後はやはりデザートは欠かせない、と言うことで、選んだのがマスカルポーネの上にチャイのゼリーを重ね、ブラックタピオカとサフランのアイスクリームを載せたもの。
一口目は、??と後悔したくなるような味でしたが、混ぜて食べてくださいと言われたとおり混ぜてみると、なんとも後を引く美味しいものでした。
このデザート、サイトを見ても出ていないのですが、どこのお店のだったのかしら。恵比寿にあると伺った覚えがあるのですが…。

3日目
軽井沢の楽しみの一つがダッチオーブンでの料理。
午後から、中軽井沢のつるやに買出しに行きました。いつもはお客様で沢山作るのですが、今日はうちだけ。
そのため気が抜けていて予約をしなかったため、丸鶏はおろか骨付きモモ肉もなく、ただの胸肉になってしまいました。
その他にはジャガイモ、コーン、エンドウ、それと間にベーコンを挟んで塩コショウだけで火にかけました。

  

今回はちょっと情けない出来になってしまいましたが、ダッチオーブンのおかげで味はまあまあで、他に山菜の炊き込みご飯と赤ワインで美味しくいただきました。

4日目
仕事が忙しくて休みが取れない夫が、土日でやってきました。
1泊2日でこんな遠くまでやってくる夫の楽しみが、一龍です。

写真は、お肉を食べつくした後のユッケ・ジャン。私の締めはいつもこれです。

その後、アウトレットのスタバでコーヒーを飲んで帰りました。そういや、覗くのが楽しみだったボダムがなくなっていました。

5日目
朝、軽井沢を出て上田へ。
9月に父が喜寿なので、そのお祝いをかねて私から別所温泉一泊をプレゼントしたのです。
某ゲームのおかげで、すっかり武田真田あたりにはまっている娘の自由研究のねたにするために、まずは真田氏歴史館へ。
山道をうねうね訪ねていったのに、これがなんとも面白くないところでした。
がっかりしながら上田に出て、もみぢやでお昼。

くるみだれでいただくおそばがとても美味しかったです。
その後、大好きなくるみそばのお店、うさぎやへ。
お土産用と家用とで5本ほどのくるみそばを買い、子供たちは大満足。

続きはまたいつか…。

ツイートツイート

Leave a Reply

CAPTCHA