jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

爆弾とんかつスペシャル

01.07.2006 · Posted in 日本沈没, 福井晴敏

…って書いたって何の事やらさっぱりでしょうが、これが爆発道場第十二発のタイトルなもんで。(笑)

帰ってきてから寒くて寒くて、買出しにも行かずに(ネットで西友に頼みました(苦笑))、家の中で震えていた私が、まだ一日分の食料があるのに出かける気になったのは、記者犬さんが、爆発道場が涙なくして読めないと書き込みしてくださったからでした。

ええと、福井晴敏(新人)in樋口版『日本沈没』『会津若松のトンカツはでかかった』
というのが正式タイトルなのかしら、どうでもいいけど。(笑)
で、(新人)が語っているように福井さんの映画デビューの顛末記なのですが、これ、以前の伊豆のと双璧をなす面白さ。しらっとした語り口だけで笑わせてくれますよ、ほんと。(苦笑)

これはちょっと抜き出しても面白くないので、是非書店でお手にとって見てください。
…マジでイージスの下巻後半部分と同じ肉体的効果(精神的には全く違う)があるかも知れませんので、お気をつけを。
悪くすると「このおねえちゃん、仮面ライダーカブト(いや、表紙がそれなもんで…)にそんなに感動しとんのか?」とその辺の子供に不審がられる可能性が大です。

福井さんの役は、もんじゃ焼き屋のオヤジだとどこかで聞いた覚えがあったのですが、実際には会津若松の造り酒屋の杜氏の役だったそうで、ギャラはこれ(多分。器が同じようなので)だったそうです。(笑)
撮影時の写真はこちらでも見られますよ。

地元の方になりきった初出演、お疲れ様でした!
願わくば、福井さんが出てくるシーンがどシリアスじゃありませんように。
噴出したら顰蹙モノですもの。(笑)


No Responses to “爆弾とんかつスペシャル”

  1. イトけんた says:

    仮面ライダーカブトに感動、というか笑ってしまいました。
    次、これなんですか。
    ムシキング人気ですものね。
    一応昆虫ということで原点回帰だったり。
    あとこの雑誌、掲載コミックが好みすぎる…読みたい(笑)

  2. つるこ says:

    >イトけんたさん
    遅くなってしまってすみません~。
    夫の実家へ行って帰ってきたら、特撮エースが行方不明でございます。ったく、こどもたちったら。(苦笑)
    特撮A、ガンダムAともに、ファンだったらたまらないだろうなあと思いますよ、凄く濃いんですもの。(笑)
    これ、アマゾンで扱ってくれればいいのですが海外からじゃ買うの大変ですね。

    そういや、先日シンガポールで日本語フォントを使えなくて苦労しました。
    イトさんに聞いていけばよかった。

  3. [冥府][映画]“僕は敗北の美学とかそういうところにはあまり共感しないんですよ”(樋口真嗣)

     現時点でロケ記(エキストラ体験記)はかなり飛び交っているものの、内容の詳細はまだ明かされていない『日本沈没』の情報が、少し紹介されていた。『MOVIE ぴ…

Leave a Reply

CAPTCHA