jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

スタイラスはAEGIS

01.05.2006 · Posted in moblog, デジタル/W-ZERO3, 文房具

06-01-04_12-13.jpg

ポケットゲームスさんのW-ZERO3ケースが、やっと来ました。(29日発送だったのが、受け取れなかったわけですが。遅かった…。)
で、早速つけてみたのですが、いい感じです。
ケースをつけたまま使う形式なので、少なくとも私が一番不安に思っていた、「きつい純正ケースから慌てて出すときに手元が滑って落とす」という事が起こらなくて済むのが何より。
サイトの写真を見ていたとき、一体どうやって本体をくっつけているのだろうと思っていたのですが、キーボードとディスプレイの間にかなりの隙間があり、そこへゴムを通してつけるという驚くべき方法でした。(笑)
…娘の学校の体育帽のゴムをしょっちゅう取り替えている私にとってゴムというのはちょっと心配なのですが。
後、後ろのカメラのレンズの部分のくりぬきのほつれ止め(?)に接着剤がこってりと塗ってあるのですが、これが白くてちょっとみっともないかな?
でも蓋を閉める部分の磁石の感じもよくて、暫くはこれを使うつもりでいます。

ただ問題なのが、スタイラスが取り出せないこと。
ゴムで止められている上に、革が本体に沿って内側に曲がっているのに、無理やり指を突っ込んで取り出していると、この角だけみっともない事になるのは目に見えています。

家ではこのクリップオン・スタイラスを使っているのですが、外ではどうしようと思って、あたりを見渡してみたところ、目に入ったのが京ぽんにつけていたこのボールペン。
私はmono comme caで買ったのですが、ゼブラのペンポッドという小さなボールペンです。

06-01-04_12-461.jpg

これをバラしてみると、長さが以前買い置きしておいたロットリングのスタイラス用リフィルと同じくらいだと気がつきました。

で、並べてみると…

06-01-04_12-46.jpg

ぴったり!!

で、早速入れ替えてみました。

こうやって売ってたんじゃないかってくらいぴったりで使いやすいです。(笑)
ボールペンが315円、ロットリングのリフィルが150円くらいだったかしら。
キャップをはずす事がそれほど面倒に思わなければ、普通のペン型で、携帯に不便なスタイラスを買うよりずっと便利で安いものができると思います。

06-01-04_12-45.jpg

で、暫く悦に入っていたのですが、キャップをはずすのがやはり面倒に感じてきました。
電車の中でメールチェックなんていう時には、やはり不便かなと思い、さらにあたりを見回して見つけたのが、イージスのストラップ2種でした。
京ぽんに着きっぱなしになっていた「イージス缶」に入っていたクリーナーのコイル状の先に、長方形の別のストラップをつけてみると、これまた結構使いやすくて、当分はこれで行く事に決めました。



ケースとスタイラスはこれからも使いやすいものを探して行こうと思っています。

ツイートツイート

Leave a Reply

CAPTCHA