jidoriblog 福井晴敏作品の地どり、映画感想、日々の雑感等、雑多なものを広く浅く…。

亡国のイージス 完成披露試写会

05.24.2005 · Posted in 亡国のイージス

お邪魔してきました。
感想は待ってくださいね。

昨日は、あまり興奮しすぎたせいか、帰ってから気分が悪くなってしまって早々にベッドに入ったのです。
でも頭が冴えてしまってまるっきり寝付けず、結局起きだして変な感想文を書きなぐっておりました。
…今朝、読み直して冷や汗かきました。(涙笑)

5月26日追記:

篠突く雨の中、夜道を歩く足元から、映画『亡国のイージス』は始まりました。

よく骨太の、という形容をされる作品ですが、観終わってみて、映画は原作から、美味しい肉をたっぷりつけて切り出した太い骨のようだと思いました。
原作に沿って進むストーリーは、原作の要所要所を押さえながら、どんどん進みます。
特に仙石が己のなすべき事を理解し、《いそかぜ》に戻るあたりからのテンポのよさは素晴らしくて、椅子に背中をつけて観ていることができなくなったほどでした。
内容的、物理的にも重たい作品を2時間7分に縮めるのですから、大好きなあのシーン、このシーンがない、と寂しく思うところはありました。最近は通読するというより、自分の好きなシーンを拾い読みする事が多かったせいもあると思いますが、木を見て森を見るのを忘れていたのですね。
ラストの、一見対照的な2人の姿を見て、これはしっかり私の大好きな『亡国のイージス』なんだなと実感しました。

本物の迫力は凄いです。
セットの《いそかぜ》は去年見学させていただいて、触ってみなければ本当に護衛艦としか思えない姿にびっくりしたのですが、波を蹴立てて進む《いそかぜ》役の《みょうこう》は勿論、Tプラスを運ぶF-2の飛行シーン、そしてイージスBLOGのおたまじゃくしさんが仰っていたSH-60Jの10機編隊など堪能させていただきました。
またど迫力の《うらかぜ》撃沈シーンでは、先週観せていただいた戦国自衛隊1549でも劇的に描かれていた専守防衛について、さらに深く考えさせられました。

毎度の話ですが、これ以上書くとネタばれしそうです。
公開されたら、また書きます。
こうやってつたない言葉を連ねるより、わいわい騒ぎながら話したい、というのが本音ですが。(笑)

とにかく、ぜひ劇場でご覧ください。
原作ファンは、少なくとも2回は足を運ばないとならないようですよ。

長くなるので、個々の役については趣味丸出しで下に…。

まずはなんといっても真田さんの仙石、…素晴らしかったです!
真田さんが演じられると聞いてから、原作の仙石のイメージと違って、体型もキャラもスマートなものになるのかしら、などとぼんやり思っていたのですが、ハンサムな仙石は、中身はしっかりあの熱い先任でした。

中井さん@○○さまは、終始抑えた演技が素敵でした。
画面にいるだけで、黒いオーラがにじみ出ているようでした。
あんな方に、3作品でどれが一番すきか、なんて聞かれるのはさぞかし怖かったことでしょう、福井さん。

寺尾さんの艦長は、元々私の脳内キャストがケビン・スペイシーだったせいもあって、ばっちりでした。原作読んでいても、艦長の声は寺尾さんの声で聞こえているくらいでしたからね。
行とのあのシーン、やっぱりうるうるでした。

そして、艦長に比べてお若いのでは、と思っていた吉田栄作さんの副長はぴったりでした。
制服の後姿がきれいで、もっと見せていただきたかったです。

谷原章介さんの風間。…かっこよすぎです。
谷原さんご自身は勿論かっこいいのですが、きのこ頭の癖にあんなことするなんて、と…。
あんなことはご自分でお確かめを。

そして勝地くんですが、行でした。
仙石との掛け合いがとてもいい感じでした。行の不器用さ、ひたむきさがよく出ていたと思います。
行なのにかわいいと書くと、語弊があるのかもしれませんが…。
仙石と一緒に○○を○○るところは可愛いのなんの。もーー、母性本能くすぐられまくりです!
でまた、ここの仙石の行動が、またいいんですよ。我が子を気遣うようで、それを自然に受ける行も仙石を信頼しているんだな、と思いました。
けど、まさか勝地くん、あれが地なわけありませんよね

おっと忘れちゃいけない、渥美と瀬戸。
佐藤さんの渥美は文句つけようもないのですが、岸部さんの瀬戸は違うだろう、と思っていたのですよ。
…違いました。
瀬戸@お笑い担当○士通でした。
お手洗いのシーンから、おかしくておかしくて…。
けれど、思い返すと原作のイメージからそれほど離れていないように感じるのが不思議です。

また思い出したら、書き足しておきますね。
とりあえずはここまでで。


No Responses to “亡国のイージス 完成披露試写会”

  1. のり says:

    も、も、もしかして、試写会へ行かれたのですか?
    それとも、ポスターを撮って来ただけですか?
    先日の新聞にあった広告に少し似てますね。
    もし、試写会に行かれたのなら感想を聞かせてくださいね!でもネタバレのないように・・・むずかしいですね~

  2. つるこ says:

    >のりさん
    はい、撮っただけじゃありません、観させていただきました。
    さっきあげましたが、あのポスターは新しいチラシと同じようです。
    パターンは新聞のと同じですね。
    しかし、のりさん早い!
    観終わってふらふら下に下りてきてから、画像を上げたのですが、すぐにレスしてくださってびっくりしました。(笑)

    感想は必ず書きます。
    そうなんですよ、ネタバレしないようにと思うと、どうしても通り一遍の事しか書けなくて…。
    書いては消しの繰り返しで、物凄く時間がかかるのです。

    でも勝地くんはラブリーでしたよ~。

  3. おー。お疲れ様でした!
    もうその様子だけで、どれほどの衝撃かというのがわかろうというもの。どきどきしますー。

  4. つるこ says:

    >あさりさん
    分かっていただけますか?(笑)
    お腹も頭もまだぐるぐるです~。
    夜は、おかゆにしよう…。

  5. まゆゴン says:

    初めまして!勇気を出して初めての書き込みです。。初めておじゃまするとこかなと思ったらリニューアル前?にイージスセット見学の頃ちょくちょく覗き見してたとこでしたが(笑)その節は楽しませていただきありがとうございました~!私もツアーは参加しなかったんですが地元が静岡なので自主的に見学行ったんですよ★大興奮でした!イージス試写会行かれたんですね~羨ましい!もう少しで戦国自衛隊も始まることですし、ぐるぐるをまず落ち着かせて下さいね!

  6. 感想アップありがとうございます!さぞやご苦労されたと思います!でも十分興奮しましたよっ。
    ま・ち・ど・お・しー!!!!

    劇場で見たら越しぬかすかも(汗)
    そして、行ったら語りたくなるに違いないですねー!

  7. すみません
    越し→腰
    ・・・しくしく。

  8. 感想アップありがとうございました。今からもうワクワクと興奮してきました。勝地くん、キッチンでは男っぽさも出てきてましたが、ホント可愛いですよね(^^)。谷原さんも楽しみです。

  9. ノウェ says:

    初めまして。勝地ファン暦3年のおばさんです。
    勝地ではやっぱり若すぎましたか?
    行には思い入れのある人が多いのでたたかれやしないか心配です。
    「あれが地?」が気になります。

  10. つるこ says:

    >まゆゴンさん
    こんにちは、はじめまして。
    結城、じゃない勇気を出してくださってありがとうございます。(笑)
    でも、うちなんかに書き込みするのに勇気は必要ありませんよ。
    福井作品LOVE(その予定も可(笑))だけで全然OKです。
    《いそかぜ》見学のあたりというと去年の10月ですね。静岡にお住まいでしたか。
    あの公園は今はどうなっているのでしょうか。《いそかぜ》もう半分になってしまったと伺いましたが、お年寄りの方にお返ししたのかしら…。

    試写会、お邪魔させていただきました。
    マスコミ向けということでしたが、オールアバウト行でちょっとはお役に立てたからかしら、と思っております。
    いや、まだぐるぐるなんです~。明日もぐるぐるしながら戦国自衛隊1549のチケット取りに勤しまなくては…。
    またお気軽にお遊びにいらしてくださいね!

    >あさりさん
    わかっていただけます?(涙)
    普通の試写会ならまだしも、なんだか場違いなところにお邪魔していったいどこまで書いていいのやら、まだどきどきしてますよ。ぐるぐるでどきどき…、危ない人です。(涙)
    でも、こんなので興奮してくださってとても嬉しいです。
    もっともっともーーーーっと語りたいのに抑えるのもなかなかつらいことでして。
    早くご覧になってくださいね~。で、語りましょう!
    そのうち、へんてこチャットつけますので遊びにいらしてくださいね。(笑)

    >ayutoさん
    つたない感想ですが、わくわくしてくださってありがとうございます。
    お、キッチンでは男っぽかったのですね?
    いや、やっぱり語弊がありましたかねえ、かわいいって書いたの。
    原作の行も男らしいばかりではありませんよね、とてもシャイで子供っぽいところがあると思うのですが、そういうところがとてもうまく出ていたと思いますよ。
    もっと目で語るところを見せてほしかったです。
    で、谷原さんはおいしいですよ~。男だね、風間!って感じです。(なんだかよくわかりません…)
    ところでayutoさん、サイトちょっと拝見しました。
    ふふ、失礼ながら私といろいろ好みが似ているような…。嬉しいです。(笑)
    またこっそりお邪魔させていただきますね。

    > ノウェさん
    こんにちは、ようこそおいでくださいました。
    福井ファン暦5年のこちらもおばさんです。
    やはり「かわいい」がひっかかりましたでしょうか?
    上のayutoさんへのレスに書きましたが、勝地くんは決して若すぎたとは思いません。
    仙石についての脳内イメージを変えるのにはかなり苦労しましたが、勝地くんについてはまったくそれがありませんでした。
    《いそかぜ》見学の際にもあの場にいらしてご挨拶頂いたのですが、「行よ、行よ…」と囁く、普通の勝地くんファンとはかなり違う私たちにびっくりなさっていたようでしたけれど、その後、あたりを見回していらした時の視線はとてもりりしく男らしくて、ああ、やっぱり行だわ、と思ったものです。
    私が書いたシーンにたまたまそのようなイメージがあっただけで、どんなに熱狂的な行ファンも、勝地くんが如月行じゃないとは言えないと思いますよ。

    そして「あれが地?」ですが。
    うーーん、なんと言っていいのか…、このシーンである道具を使うのですが、その持ち方がなんともかわいらしくて(って書くとまた語弊が?)、母の立場からすると「まあ、行ったら。そんな持ち方をして…」とでも言いたくなるような感じだったのですよ。
    もちろん本当に地なはずはない、演技だとは思っていますが。
    私にとっては好きなシーンでしたし、ごらんになっていただければ、きっとわかっていただけると思います。
    遠まわしでうまくいえないのですが、お分かりいただけたでしょうか?

  11. のり says:

    つるこさん、感想ありがとうございます!
    「勝地君は行でした。」の感想だけで、ホッとしました。行役に決定した時結構叩かれたので・・
    勝地君が行に決また時、普段読まない軍事ものの「亡国のイージス」を読み、初めて福井作品に触れたのですが、あんなにドキドキして泣かされたのは初めてでした。
    気付いたら、他の作品も読んだり、ローレライを観たり、福井さんの載っている雑誌を買ったりして、福井ワールドにもはまってしまったようです。

  12. 初めまして、いつもいつも楽しく拝見しております。
    真田氏ファンで、キャスト決まってから原作を読ませていただいた
    という、不心得ものなのですが、小説も大好きになりました!
    そして、キャスト発表前に読んで好きになったのが、侠気あって
    熱くてかっこいい、先任伍長さんだったので、
    発表後びっくりして(宮津艦長役かなーとか、てっきり思って
    いた為)とても、嬉しかったのですが、原作ファンの方にはよく
    イメージが違うとコメントされているキャスティングだったので、
    とても心配しておりました、原作ファンの方にそう言って
    いただけたのが、なにより嬉しかったです、どうも
    ありがとうございました。公開を心より楽しみに待ちます。

  13. つるこ says:

    >のりさん
    いえいえ、なんだか中途半端な感想ですが。
    まあ、叩かれたって、…某所辺りででしょうか?
    少なくとも、コアな原作ファンが集まっていた《いそかぜ》見学ツアーの際に、勝地くんが行に合わないなどと言っているような方はいませんでしたよ。
    私の周りでも、期待こそすれ叩くなんてそんな事、想像もつきませんでした。
    ああ、だから、かわいいという言葉が気になられるのですね、勝地くんのファンの方は。
    私は原作の行だってかわいいと思っているのですが…。
    大丈夫ですよ、ちゃんと行ですから!

    どんなきっかけだっていいのです。福井ワールドにはまってくださればもうお友達ですよ~。
    どんどん深みにはまってください。(笑)

  14. つるこ says:

    >chiさん
    こんばんは、はじめまして。
    いつもご覧下さっているのですか?ありがとうございます。
    真田さんのファンの方には、久しぶりに書き込みいただき嬉しいです。

    どうぞ読まれた順番などお気になさらずに。
    読まずに観られたとしても、その後、絶対読まずにはいられない原作ですもの。(笑)
    真田さんファンでいらして、原作で先任がお好きでしたら、それは嬉しかった事でしょう。

    原作ファンの間では、確かにイメージが違うと言われています。
    私も、実際に「仙石恒史」の名札をつけられた真田さんを目の前にしても、その時は「仙石の名札をつけた真田さん」としてしかとらえられませんでした。
    だって、真田さん、素敵過ぎるんですもの。(笑)
    原作のイメージではおなかを突き出して、息を切らして走っているおっさんですから、キャスティングを聞いたときは、行より先に軽やかに走って行ってしまうんじゃないかしら?と少し心配したものです。
    でも、真田仙石、本当に素晴らしかったです。
    心配なんてひとかけらも要りませんよ!
    安心して初日をお待ち下さいね。

  15. 勝地涼くんFANののぞみですO(*^-^*)O
    ノウェさんと同じで、「あれが地?」気になりました(笑)
    ノウェ、涼くんの役名ですねっ(*^O^*)「DOD2」の

    涼くんの演じる「行」、早く見たいですっ

  16. つるこ says:

    >のぞみさん
    レス遅くなっちゃってごめんなさい。
    「あれが地?」は気になっちゃうんですね。(苦笑)
    でも娘に、これこれこういうわけだったんだけど、あなたならなんて言う?と聞いたら「かわいい~!」と言ってましたので、やはりかわいいでいいのかなと。(笑)
    ノウェさんのハンドル、私も分かりましたよ。
    興味はあるのですが、DQも終わってない身でRPGを買うと家族の目がますます白くなりそうですのでやめておきます。

  17. つるこ says:

    >のぞみさん
    レス遅くなっちゃってごめんなさい。
    「あれが地?」は気になっちゃうんですね。(苦笑)
    でも娘に、これこれこういうわけだったんだけど、あなたならなんて言う?と聞いたら「かわいい~!」と言ってましたので、やはりかわいいでいいのかなと。(笑)
    ノウェさんのハンドル、私も分かりましたよ。
    興味はあるのですが、DQも終わってない身でRPGを買うと家族の目がますます白くなりそうですのでやめておきます。

  18. まう says:

    遅いコメントですが・・・(^^;;)見てこられたのですね~!うわ、いいなあ。
    つるこさんのレビューを拝見しただけでもう気持ちワクワク心待ち♪です。
    キャストのみなさんもばっちり役にはまっている様ですね。黒いオーラの中井さんですか!ぞくぞくしますね~。私は佐藤さんが楽しみ~、どんな渥美になっているでしょうか?(^^)
    公開、ちょうどあと2ヶ月後ですね!

  19. つるこ says:

    >まうさん
    お久しぶり~。ハムちゃんの具合はいかがですか?
    観せていただいて来ちゃいましたよ~。感激でした!
    この感想文でわくわくして下さった分の何万倍も映画は素晴らしいので、たっぷり楽しみにしていてくださいね~。
    キャストはどの方もぴったりです。
    渥美も素敵でしたよ!

  20. こっそりと…

    感想文、あげました。こちらです。 ……どうしてこう感動を文章で表現することができ…

  21. 「亡国のイージス」鑑賞券、抽選で1名様にあげる

    このブログでも何回か触れた福井晴敏さんの小説「亡国のイージス」が、 映画化される。 原作は本当におもしろいです。北の将軍様の国も登場するし、日本の危機管理問題も…

  22. 「亡国のイージス」(試写会)

    豪華キャストの大作邦画、見たことのあるような役を演じる役者たち、豪華、なんだよね?

    監督:阪本 順治
    脚本:長谷川 康夫
    原作:福井 晴敏
    出演:真…

Leave a Reply

CAPTCHA